3歳の時から子役として活躍し、ドラマ「家なき子」では「同情するならカネをくれ」のセリフで一躍ブレイクした安達祐実。現在も女優として演技の幅を広げながら様々なシーンで活躍しています。そんな安達祐実のかわいい画像をまとめました。また、安達祐実のエピソードや旦那、子供、ヌードなどについて徹底的にリサーチしました。

生年月日:1981年9月14日
出身地:東京都台東区
デビュー:1984年
事務所:サンミュージックプロダクション

笑顔の安達祐実

安達祐実は生後間もない頃から子育て雑誌のモデルとして活動、3歳の時から本格的にタレントとしてデビューしました。

タンクトップの安達祐実

1991年、ハウス食品「咖喱工房」のテレビCMに出演した安達祐実は話題になり、「具が大きい」のフレーズは流行語になりました。

頬杖をつく安達祐実

同年、安達祐実はNHKの「秋桜 -COSMOS-」で初の主演を務め、以降女優として活躍していきます。

寝っ転がる安達祐実

1993年、「REX 恐竜物語」で映画初出演にして初主演。安達祐実は日本アカデミー賞 新人俳優賞を受賞しました。

俯く安達祐実

1994年に安達祐実は大ヒットドラマ「家なき子」で主演を務め、演技力高さから一躍ブレイク。

赤いロングスカートの安達祐実

同ドラマで安達祐実が演じる相沢すずの「同情するならカネをくれ」というセリフは新語・流行語大賞にも選ばれ、社会現象となりました。

花を持つ安達祐実

その後も安達祐実は1996年の「聖龍伝説 LEGEND of St.DRAGON」や1997年の「ガラスの仮面」など数々のドラマで主演を務めています。

メイク中の安達祐実

「ガラスの仮面」では原作者の美内すずえから安達祐実が直接指名されて主役となったそうで、1998年には「ガラスの仮面2」が放送されています。

正座する安達祐実

その後子役のイメージから抜け出せず低迷していた安達祐実ですが、マネージメントをしていた母親の安達有里のアドバイスでグラビアに挑戦しました。

ブルゾンを着る安達祐実

結果、1999年にプレイボーイの巻頭を水着で飾り、安達祐実が大人になったと話題になりました。

エクステを付けた安達祐実

その後、安達祐実は「ナースのお仕事4」や「大奥」といった人気ドラマに出演し、大人の女優として活躍しました。

ウクレレを弾く安達祐実

安達祐実の母親といえば2006年にヘアヌード写真を出版したことや2008年に総額603万円を掛けて全身美容整形をしたことなどで世間を騒がせました。

くつろぐ安達祐実

2006年当時に48歳だった母親の写真集に安達祐実は驚いたようですが、「撮ったものは仕方がない」と寛容に受け入れています。

体育座りをする安達祐実

2005年9月に安達祐実はお笑い芸人の井戸田潤と結婚会見を行い、同年11月に挙式。結婚会見当時に安達祐実は妊娠2ヶ月であったことから世間を騒がせました。

高橋愛と安達祐実

安達祐実は2006年4月に一人目の子供を出産し、同年6月から仕事に復帰しています。

スエットの安達祐実

安達祐実の子供は女の子であることは分かっていますが、名前や顔などは分かっていません。

和服姿の安達祐実

しかし、2009年1月に井戸田潤と離婚。離婚理由はわかっていませんが、娘の親権は安達祐実が持っています。

黒いドレスの安達祐実

離婚後も安達祐実はドラマで活躍し、2010年に放送された「娼婦と淑女」では見た目がそっくりの令嬢に成り代わる貧しいヒロインという、一人二役の難しい役を演じきりました。

レンコンを持つ安達祐実

2013年には写真集「私生活」を出版し、同作の中では安達祐実初となるセミヌードにも挑戦しています。

車のハンドルに持たれる安達祐実

当時カメラマン務めた桑島智輝と安達祐実は2014年に再婚。2016年に桑島智輝との間に第二子である息子を出産しました。

旦那の桑島智輝と安達祐実

旦那の桑島智輝は安達祐実と結婚する以前に離婚しているようで、どちらも再婚のようです。

前髪を分ける安達祐実

旦那の桑島智輝は安達祐実の「私生活」以外でも指原莉乃や剛力彩芽などの写真集で撮影を担当しており、カメラマンとしての腕は一流と言われています。

柄物のワンピースを着る安達祐実

旦那の桑島智輝はプライベートでも毎日安達祐実の写真を撮っているといい、撮った写真は2万3000枚にも上っているそうです。

ロングコートを羽織る安達祐実

旦那の桑島智輝がプライベートで撮った安達祐実の写真は公式フォトサイト「安達祐実 official gallery」に一部掲載されており、一時はネットでも話題になりました。

ワニを持つ安達祐実

2014年に今の旦那と再婚した安達祐実ですが、同年には映画「花宵道中」で20年ぶりの主演を務め、オールヌードにも挑戦しています。

しゃがむ安達祐実

同作で安達祐実は江戸時代末期の花魁を演じ、津田寛治や淵上泰史を相手に濡れ場を披露しています。

歯を磨く安達祐実

現在、安達祐実の娘は11歳になり、「ママと一緒のお仕事がしたい」と語っているそうですが、母の安達祐実は複雑な心境なようです。

傘を持つ安達祐実

子供の時から芸能界にいる安達祐実としては自分と違う道を歩んでほしいと考えているそうです。

人生ゲームをする安達祐実

安達祐実は現在もドラマ「女囚セブン」や「男の操」などに出演し、女優として活躍しています。

メガネの安達祐実

年齢を重ねるごとに女優として活躍の幅も広がっていく安達祐実の今後にも期待が集まります。