大塚愛さんは、メジャーデビュー前の学生時代からグループを結成して音楽活動をしてきた、シンガーソングライターで、そのほかにも、女優やイラストレーター、絵本作家と幅広い活躍をしています。

愛称:あいちん
生年月日:1982年9月9日
出身地:大阪府
デビュー:2003年
所属:エイベックス・マネジメント

すっぴんの大塚愛

大塚愛さんは、2003年に「桃ノ花ビラ」で歌手としてメジャーデビューしています。デビュー直後に、 ニッポン放送で「大塚 愛のオールナイトニッポンR」という特番を1時間30分生放送オンエアを果たしています。

すっぴんの大塚愛

この年には、 週刊「TVガイド」で大塚愛さん初となる連載の「大塚 愛のLOVEが歩く道」がスタートに続き、ファッション雑誌「JUNIE」でも「大塚 愛の1・2・3・ハイっ!」の連載始まっています。

ピアノと大塚愛

2004年には、セカンドシングル「さくらんぼ」に続き、サードシングルの「甘えん坊」をリリースし、「MUSIC STATION」や「HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP」に初出演しています。

笑顔の大塚愛

1stアルバムの「LOVE PUNCH」をリリースして、オリコン初登場3位を記録し、音楽雑誌「B-PASS」で、「大塚 愛のLOVE WORLD〜eye love pictures.〜」の連載も始めました。

おもしろTシャツの大塚愛

2004年には4枚のシングルと2枚のアルバムをリリースし、「第46回 輝く!日本レコード大賞」で最優秀新人賞を受賞し、NHKの「第55回NHK紅白歌合戦」に初出場しています。

おやつを食べる大塚愛

2005年は、7thシングル「黒毛和牛上塩タン焼680円」リリースを皮切りに、4枚のシングルと1枚のアルバムを発表し、関西テレビの「さんまのまんま」に初出演しました。

イベント後の大塚愛

2006年には、「第20回 日本ゴールドディスク大賞」で、「ロック&ポップ・アルバム・オブ・ザ・イヤー」を受賞し、初主演となる「東京フレンズ The Movie」と言う映画も全国ロードショーされています。

人形と大塚愛

2007年には、初めてのベストアルバム「愛 am BEST」をリリースして、オリコン初登場1位を獲得し、デビュー4周年&バースデー記念ライヴを日比谷野外大音楽堂にて開催しました。

コスプレの大塚愛

2009年まで連続でNHK紅白歌合戦に出場し、2010年には「ネコが見つけた赤い風船」と言う絵本を発売し、その後には急性腹症で、暫く入院しています。

笑顔が眩しい大塚愛

2012年には、2作目となる絵本「ネコがスキになったキライなネコ」を発売し、バンド「Rabbit」にボーカリストとして参加することを発表しています。

皆でポーズを取る大塚愛

2013年にRabbitのメンバーとして「ミュージックステーション」に出演したのが、2年4ヶ月ぶりのテレビ出演です。

バンドメンバーと大塚愛

大塚愛さんは、数多くのシングルやアルバムをリリースし、ライブ活動の傍ら絵本を発売するなどの活動を続け、2016年には 安藤裕子のアルバム「頂き物」の楽曲を手がけています。

ロングの大塚愛

2017年には、主題歌を歌ったフジテレビ系ドラマの「嫌われる勇気」の第9回放送に婦人警官役でゲスト出演をしています。

敬礼ポーズの大塚愛

大塚愛さんは、2017年2月まで24枚のシングルと8枚のオリジナルアルバム、2枚のベストアルバムにシンブルコレクションやセルフカバーアルバムをリリースしています。

ヘルメットを着ける大塚愛

大塚愛さんが提供した楽曲には、安藤裕子さんのほか、鈴木亜美さんの「Like a Love?」やトミタ栞さんの「HAPPY AND HAPPY」「だめだめだ」「RounD」があります。

さくらんぼと大塚愛

大塚愛さんの歌詞は、タイトルとマッチした日々の生活や出来事を書かれているのがポイントで、落ち込んで気分が沈んでいる時やテンションが高い時でも聞きたくなります。

飛ぶ大塚愛

懐に入り込んでくるような愛らしい声と飾らない心を表現した歌詞が大塚愛さんの魅力で、世の多くの女の子たちの共感を呼んだのでしょう。

熱唱の大塚愛

大塚愛さんの趣味は、趣味はカメラとギャンブルで、特技ではピアノ、水泳、似顔絵だそうです。特に絵を描くことが好きで、小学6年生の時には「友達と二人で漫画家になること」と作文に書いていたようです。

ライブ広告の大塚愛

大塚愛さんは、大阪芸大付属短大保育科を卒業しているので、幼稚園教諭や保育士、社会福祉主事の資格を習得しているので、幼稚園教諭としても活躍できるということですね。

タケコプターの大塚愛

大塚愛さんの好きな食べ物は、マグロ納豆、肉ニラ炒めやたこやきなどで、「さくらんぼ」が大ヒットしましたが、さくらんぼは嫌いな食べ物だそうです。

リハーサル中の大塚愛

大塚愛さんは、1997年の中学時代に「第1回 ORC200ヴォーカルクイーンコンテスト」ティーンズ部門でグランプリを獲得しています。

朝食中の大塚愛

高校時代には、サンミュージックブレーンに所属し、学生時代の友人とインディーズで「HimawaRi」というグループで活動していたそうです。

素敵な笑顔の大塚愛

幼少時代の大塚愛さんは、人見知りで大変に内気な子供だったそうですが、運動が得意で小学校の運動会では徒競走では常に1位だったそうです。

メイクが薄くてもかわいい大塚愛

大塚愛さんは、4歳の頃からピアノを習っていて、自然と音楽に興味を持てる環境にいたことが、作詞や作曲、歌手デビューに繋がったのかもしれませんね。

スタッフと一緒に写真を撮る大塚愛

プライベートでは、2010年6月にRIP SLYMEのメンバーであるSUさんと結婚して、9月には妊娠3ヶ月を発表し、2011年3月には第1子となる女の子を出産しています。

シックな大塚愛

旦那様のSUさんとは、本名大槻 一人さんと言い、日本のヒップホップユニットのMCで、フジテレビ系のバラエティ番組にもレギュラー出演もしていました。

魅力満載の大塚愛

おふたりの出会いは、大塚愛さんのベストアルバム内の曲「aisu×time」で、歌詞にラップを加える事になりSUさんとコラボしたことがきっかけのようです。

花束と大塚愛

大塚愛さん自身が以前からRIP SLYMEのファンだったことから、PVや歌詞、収録が終わった後にも連絡を取り続けていて、交際から半年という短い期間での結婚に至ったというわけです。

枕と大塚愛

ふたりの結婚はスピード婚で話題となりましたが、結婚後すぐに別居状態だという噂もあり、当人同士ではなく双方の両親同士が喧嘩していて離婚の危機とも囁かれていますが、真実はわかりません。

スタイルブックと大塚愛

現在では大塚愛さんの姿を見かけませんが、フェスなどには出演しているので子育てしながら音楽活動は続けているようですので、今後の活躍を温かく見守っていきましょう。