真矢みきさんは、元宝塚歌劇団花組トップスターで、芸能界入りし事務所から戦力外通告を受けて復帰するなど、自ら出演のCMのフレーズ通りあきらめないでを貫き、日本を代表とする実力派女優のひとりです。

愛称:ミキ
生年月日:1964年1月31日
出身地:大阪府
デビュー:1981年
所属:オスカープロモーション

華麗なる舞台上の真矢みき

真矢みきさんは、4歳まで広島市で暮らしていましたが、父親の転勤により各地を転々とし中学校卒業まで8回転居を繰り返し、中学校の三年間が大阪府豊中市で育ちました。

ラ・ノーバの真矢みき

中学生の頃には、日舞を習いたいと宝塚コドモアテネに通い、豊中市立第二中学校卒業後の1979年に宝塚音楽学校に入学しています。

キャバレー出演の真矢みき

1981年に67期生として宝塚歌劇団に入団し、当時の成績は21番だったそうで、同期には女優の飛行機事故で他界した北原遥子さんやトップ娘役の黒木瞳さん、涼風真世さんがいます。

レギュラー番組を持つ真矢みき

真矢みきさんの父親は、自らで大学の進学資金を稼ぎ、英語力で民航空運公司に入社後、KLMオランダ航空のディスパッチャーを経て東亜航空、そして日本エアシステムの重役へと航空業界を渡り歩いた人物です。

ピースする真矢みき

母親の実家は、横浜競馬場などを建設に携わった、大成建設の下請けとして日本の鉄筋コンクリート造りの創成期から鉄筋コンクリート専門の工務店を営んでいます。

竜馬姿の真矢みき

真矢みきさんは、宝塚では初舞台当初から注目を集めており、歴代花組トップスターに勝るも劣らぬ個性派スターとして、1992年から1995年は2番手ながらトップ同様に、芝居やショーともに活躍しています。

妖艶が魅力の真矢みき

当時は、安寿ミラさんとの男役同士のコンビが呼び物で、1995年に安寿ミラさんの退団により「エデンの東」で花組トップスターに就任にしています。

67期生時代の真矢みき

真矢みきさんは、退団直前につんく♂プロデュースによる日本武道館でのソロコンサート、篠山紀信撮影による写真集の出版などで、宝塚に新しい風を吹き込んだヅカの革命児とまで言われていました。

映画のポスターに登場の真矢みき

1998年10月5日の「SPEAKEASY」東京公演千秋楽を最後に、真矢みきさんは宝塚歌劇団を退団し、芸能界入りし女優としての道を歩みだします。

CM出演の真矢みき

芸能界入りするも38歳のときに事務所から戦力外通告を受け、どん底を経験し、「踊る大捜査線」のオーディションを受けて、2003年に念願の芸能界復活を果たしました。

ドラマ出演の真矢みき

「踊る大捜査線」で復活を遂げてから、数多くのドラマや映画、舞台に出演し、2009年には第20回日本ジュエリーベストドレッサー賞を受賞しています。

ドラマさくらの親子丼の真矢みき

真矢みきさんが宝塚歌劇団を目指すきっかけは、母親が宝塚ファンだった影響から、大地真央さんに憧れるようになったことです。学生時代に大地真央さんの部屋の前で手紙を持って待っていたこともあるそうです。

新垣結衣さんと一緒の真矢みき

女優として演技の仕方に悩んだ時があり、俳優の唐沢寿明さんに相談し、アドバイスの後に観劇してもらい、メールで「お前頑張ってたじゃん」と励まされたというエピソードもあります。

天使の翼も似合う真矢みき

真矢みきさんは、プライベートでは2008年に12月22日に西島数博さんと入籍し、翌年の2009年4月4日に明治神宮で挙式をしています。

バラエティ番組でも活躍する真矢みき

真矢みきさんの旦那様である西島数博さんは、3歳より伊達バレエ・スクールでバレエを始めたという、バレエダンサーであり俳優、そして振付師として活躍している方です。

ナチュラルな美しさの真矢みき

旦那様の西島数博さんは、1971年10月21日生まれで真矢みきさんと8歳の年齢差がありますが、真矢みきさんは年齢とは思えないほどの美肌の持ち主ですから、見た目にも年齢差を感じられません。

花組公演 エデンの東の真矢みき

西島数博さんは、19歳の頃には渡仏しバレエを学び、フランスのバレエコンクールでは優勝経験を持っており、実弟は現役ラテンダンサーの西島鉱治さんです。

金髪ショートの真矢みき

西島数博さんの祖母が、日本では未だバレエに馴染みがない頃にバレエスクールを開講させた、日本バレエ界の先駆者的人物だそうです。その影響でバレエを始めたのかもしれません。

イメージキャラクター就任の真矢みき

西島数博さんは、バレエのステージのほかにも俳優としてテレビドラマなどにも出演していて、2015年の関西テレビの「黒蜥蜴」で、結婚後初めて夫婦で共演しています。

時代を飾るトップスターの真矢みき

真矢みきさんと西島数博さんの出会いは、バレエで描かれた2002年の舞台「スターダストin上海」にダブル主演したことです。

ドラマ黒革の手帖の真矢みき

“交際は、西島数博さんから申し込まれ一度は断ったものの、仕事に対する志や穏やかでキレないということに惹かれて恋人関係に発展したそうです。

シャンパングラス片手の真矢みき

プロポーズは、とある飲食店でメニューを選んでいる時にサイズが大きなブルガリの指輪を贈られたそうで、プロポーズの言葉を聞き逃したと真矢みきさんは苦笑していました。

宝塚記念のゲストに呼ばれた真矢みき

仕事を大切にしている真矢みきさんと西島数博さんご夫婦には、現在子供はいません。真矢みきさんの年齢を考えるとこの先も子供は期待できない可能性の方が高いでしょう。

Tシャツ姿のカジュアルな真矢みき

おふたりは、誕生日などのイベントでは揃って食事に出かけたり、家で演出などの共同作業も行なっているほど仲が良いので、離婚説や不仲説は無縁のようです。

爆笑する真矢みき

ダウンタウンの「ガキの使いやあらへんで」でマツコ・デラックスが「やな女」として話したのが真矢みきさんではないかと言われ噂となっています。

カッコいい表情の真矢みき

「やな女」発言は番組内ではモザイクがかかっていましたが、既にネット上ではほぼ確定情報としてマツコが真矢みきさんを嫌っていると噂になったことですが、モザイクの隠れた名前の真相はわかりません。

粋な姿の真矢みき

真矢みきさんのことを同期の黒木瞳さんが「周囲に自然と気配りが出来る繊細さがあり、抜群のコメディーセンスもある」と語っているので、周りの空気を読みながら柔軟に対応できる性格なのでしょう。

合格の喜びを隠せない真矢みき

真矢みきさんは、独自の美学も持っていて、宝塚観劇を共にするほどの仲良しの北川景子さんの結婚披露宴にも、腕の骨折のギブス姿がお祝いの席では相応しくないと欠席しています。

シンプルな着こなしもおしゃれな真矢みき

真矢みきさんは、当時の宝塚音楽学校は高卒資格を得られる制度でなかったため、53歳にして「人生の穴を埋めたい」と高校認定試験5科目の試験を受験し合格しています。

変わらぬ美貌の真矢みき

真矢みきさんは、仕事熱心な真面目な性格の方ですので、これからも旦那様の西島数博さんとお互いを尊重し合いながら、実力派女優としてメディアで活躍していくことでしょう。