水曜日のカンパネラのボーカルとして、唯一無二の存在感を放つコムアイ。その個性的な楽曲は若者を中心に、中毒性が高い音楽として注目を集めています。その一方で私生活は謎に包まれているコムアイの本名や出身大学、そしてフライデーされた彼氏について詳しくリサーチしました。

愛称:コムアイ
生年月日:1992年7月22日
出身地:神奈川県
デビュー:2012年
所属:つばさプラス

見つめるコムアイ

水曜日のカンパネラという個性的なグループ名のボーカルとして活躍するコムアイ。

二階堂ふみとコムアイ

コムアイが所属する水曜日のカンパネラというグループ名は、水曜日に打ち合わせが多かったことから名付けられたそうです。

笑顔のコムアイ

最初の頃は、女の子3人のメンバーで結成される予定の水曜日のカンパネラでしたが2人が脱退し、コムアイのみボーカルで活動していくことになったようです。

赤髪のコムアイ

水曜日のカンパネラと聞くとコムアイが目立った存在ですが、曲などを作る男性とディレクターの男性、合計3人で結成されています。

虫眼鏡とコムアイ

しかしライブなどでは、コムアイのみが表舞台に立つライブスタイルです。

笑うコムアイ

コムアイがいる水曜日のカンパネラは2012年にYouTubeで作品を発表し始めました。

ライブ中のコムアイ

2013年3月より水曜日のカンパネラのメンバーであるディレクターに言われ、コムアイはライブ活動を開始しました。

水に濡れるコムアイ

コムアイは水曜日のカンパネラ結成前は一切音楽活動をおこなっていなかったため、普通に就職しようと思っていたそうです。

横を向くコムアイ

水曜日のカンパネラの個性的で中毒性のある楽曲とコムアイの整った容姿は、徐々に認知度を上げていきます。

驚くコムアイ

コムアイの人気をさらに加速させたのが、2015年に放送されたヤフオクのCMでした。

壁にもたれかかるコムアイ

個性的な曲を歌うコムアイですが、ライブパフォーマンスも個性的だと話題になりました。

おかっぱのコムアイ

なんとライブで、観客を目の前に鹿の解体をコムアイ自らおこなったのです。

ふざけるコムアイ

一見グロテクスなパフォーマンスですが、そこには動物の肉を人間が食べる意味や貴重さを知ってほしいというコムアイの想いが込められていたそうです。

はしごにのぼるコムアイ

そのパフォーマンスは若者を中心に支持され、さらにコムアイの人気を加速させました。

ショートカットのコムアイ

芸能人の中にもファンが多く亀梨和也や斎藤工などが、コムアイのファンだと言い注目を浴びました。

笑いかけるコムアイ

そして、2016年6月にワーナーミュージック・ジャパンよりメジャーデビューしました。

ネイルを見せるコムアイ

楽曲と同じように個性的なコムアイですが、本名は輿美咲(こし みさき)と言います。

下から見るコムアイ

コムアイという芸名は、本名の苗字と名前の頭文字にアンダーバーを入れた「KOM_I(コムアイ)」が由来です。

髪が乱れるコムアイ

コムアイの父親は、アメフト解説者として有名な「輿亮(こしまこと)」で裕福な家庭で育ちました。

ウインクするコムアイ

不思議キャラなコムアイですが中学から慶應義塾大学の系列校に通い、慶應義塾大学を卒業している高学歴の持ち主です。

りんご飴を持つコムアイ

周りに流されず自分の個性を貫き通すコムアイの性格は、幼い頃に母親と一緒にハワイで生活していたことも関係しているのかもしれません。

自撮りをするコムアイ

そんな経験もあってかコムアイの中学生時代はなかなか周りに馴染めず、友達がいなかった過去もあるそうです。

プライベートのコムアイ

しかし高校生のころから世界情勢やボランティア活動などに興味を持ち、海外へ行き地雷撤去のボランティアをしたこともあるそうです。

歌うコムアイ

その他にも、学生時代にコムアイの女友達と共にキューバを旅したりと若い頃から好奇心旺盛な性格だったようです。

熱唱するコムアイ

またコムアイは農業にも興味を持ち、1ヶ月間自給自足の生活をした経験もあるようです。

黒髪のコムアイ

そんなコムアイの趣味は、落語鑑賞や映画鑑賞、またプロレスを観戦するのも好きなようです。

リップをつけるコムアイ

私生活も謎に包まれていそうなコムアイですが、2016年にフライデーに熱愛をスクープされます。

頬をつねられるコムアイ

コムアイの彼氏は、30代でイラストレーターや翻訳家をしており、既に同棲をしている関係のようです。

バナナを持つコムアイ

フライデーに直撃取材を受けたコムアイは、最初は驚きを隠せなかったようですが、その後フライデーの記者と共に中華料理を食べに行ったというので驚きです。

微笑みかけるコムアイ

独特の感性を持つコムアイは、今後もますます目が離せない存在ですね。