1997年の映画「萌の朱雀」で主演デビュー、当時中学3年。2011年NHK連続テレビ小説『カーネーション』のヒロインにオーディションで選ばれ、主演女優賞など多くの個人賞を受賞、幅広い演技力で高評価の女優です。

愛称:オノマチ
生年月日:1981年11月4日
出身地:奈良県
デビュー:1997年
所属:TOM company

光を浴びる尾野真千子

実力派女優でありながら飾らない人柄で人気の尾野真千子さん。実家は山に囲まれた自然豊かな所です。出生時は4000gの大きい子でした。

「萌の朱雀」の尾野真千子

自然豊かな所で4人姉妹の末っ子として育った尾野真千子さんは、子供の頃は活発で卓球や陸上などの運動好きだったそうです。

女優賞受賞の尾野真千子

尾野真千子さんが中学生の頃、中学校の靴箱を1人で掃除していた時、映画のロケハンに来ていた映画監督の河瀨直美にスカウトされたのが女優デビューのきっかけです。

マスコット人形と尾野真千子

高校卒業後に上京、女優活動を本格的に始めます。上京直後から朝ドラヒロインに選ばれるまで女優尾野真千子の仕事はわずかでバイトで生計を立てます。

打ち合わせ中の尾野真千子

2007年『萌の朱雀』以来10年ぶりに河瀨監督作品に主演し、カンヌ国際映画祭でグランプリを獲得、尾野真千子さん注目されるようになります。

笑顔の尾野真千子

2008年、初の大作映画「クライマーズハイ」で堤真一、堺雅人らと共演しヒロインを演じた尾野真千子さん。この作品が転機となり周囲の評価も変わります。

「カーネーション」の尾野真千子

2009年NHK広島「火の魚」で文化庁芸術祭大賞・イタリア賞最優秀賞、放送文化基金賞演技賞、2010年「Mother」では民放の連続ドラマで初のレギュラー出演を果たす尾野真千子。

手を顔にあてる尾野真千子

尾野真千子30歳で1850人の中からオーディションで選ばれ、2011年連続テレビ小説「カーネーション」でブレイク。約10年のアルバイトとの掛け持ちが終わります。

授賞式の尾野真千子

「カーネーション」でブレイクしたその年の紅白歌合戦にゲスト出演、ヒロイン糸子役で主題歌を歌う椎名林檎さんの応援に駆けつけました。

真木よう子と尾野真千子

いくら頑張っても女優で食べていけず自分に自信のなかった尾野真千子さん。そんな時事務所の社長から「あなたはあなたらしく」の言葉が励みになったそうです。

福山雅治と尾野真千子

眠ったり食べるのが好きでダラダラするのも好きな尾野真千子さん。普段は主にジャージで過ごし、あまり飲まないけれどお酒も好きとのこと。

向井理と尾野真千子

2013年「最高の離婚」でザテレビジョンドラマアカデミー賞助演女優賞、放送文化基金賞演技賞を受賞、尾野真千子さんはどんな役もこなす演技派として高く評価されます。

涙目の尾野真千子

2013年映画「そして父になる」ではカンヌ国際映画祭 審査員賞、日本国内の反響も大きく尾野真千子は日本アカデミー賞優秀主演女優賞受賞します。

うつむく尾野真千子

2013年映画「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」で尾野真千子、優秀助演女優賞受賞、2014年4月『極悪がんぼ』で月9連続ドラマに初主演。

おかっぱの尾野真千子

尾野真千子さんの好きな映画は「エイリアンVS.プレデター」、「かいじゅうたちのいるところ」、「春との旅」、「マレフィセント」です。

ワンピースの尾野真千子

尾野真千子さんは小さい頃から何でも食べる子でしたが、テレビでは焼き肉が大好きと公言し、中でもタン塩が大好物で男性並みに食べるようです。

バスケ試合を応援する尾野真千子

出身は奈良県吉野郡西吉野村(現在は五條市)で、奈良市から車で約3時間の所にあります。尾野真千子さんは子供の頃、友達の家に行くのにバスで2時間かかってたそうです。

照れ笑いの尾野真千子

遊ぶ時も家事をする時も家族6人いつも一緒だった尾野真千子さん。実家は農林業・大工をしており、肉料理は猟師が獲ったシカ肉や猪肉を食べてたそうです。

とっくりを持つ尾野真千子

尾野真千子さんは2015年7月に結婚、結婚相手はEXILE所属事務所副社長の男性ですが、2017年9月に離婚しています。

セミロングの尾野真千子

尾野真千子さんに子供はおらず、結婚生活も二人の多忙な中でのすれ違いから2年で終わり、お互い新しい道を選んだ方が幸せになれるとコメントしています。

青い服の尾野真千子

尾野真千子さんの憧れは米倉涼子さん、井川遥さん、松田聖子さんで雑誌も買うようです。小さい頃から松平健さんが出る番組もよく見ていました。

スマホを操作する尾野真千子

1人の時間が好きな尾野真千子さんは一人焼き肉にも行き、ラーメンも一人で行きどこでも一人で行くなど自然体に過ごしています。

黄色い服の尾野真千子

尾野真千子さんの女優人生は遅咲き・下積み・苦節のイメージですが、本人はそういう風には思っていなくて芝居に生かされていると語っています。

ローズピアスの尾野真千子

どんな演技もこなせるけれど自分らしさを崩さず観ている人にも伝わるような大女優になりたい、尾野真千子さんの目標だそうです。

モノトーンの尾野真千子

2017年6月には「幸せな食卓を囲めるのはここ最近で30歳少し前までは厳しかった」と明かす尾野真千子さん。死ぬ程辛くても芝居がやりたかったようです。

ナオトインティライミと尾野真千子

2017年12月には映画「ナミヤ雑貨店の奇蹟」で女性の19歳・27歳・51歳の3世代を1人で演じ分け日刊スポーツ映画大賞助演女優賞を受賞。

水を飲む尾野真千子

運動もそんなに好きでなく習い事もしない尾野真千子さん。休日はカップラーメンを食べたり2017年は時間があったので日傘もささず日焼け止めも塗らずに過ごしたそうです。

和服の尾野真千子

尾野真千子さんは年を取ればとるほどシミやしわ、白髪の味がにじみ出るような演技に挑戦し、飾らない女優でありたいようです。

ひまわりと尾野真千子

2018年3月17日には映画「素敵なダイナマイトスキャンダル」で尾野真千子さんは主役の幼少期の母親役で和服で登場します。

宮崎あおいと尾野真千子

小さい頃は人前に出るのが嫌いで保育園の劇で自分の出番になると出られず涙目で喋れない子だった尾野真千子さん。今後のますますの活躍が期待されます。